営業時間
定休日:月曜日
(祝日の場合は営業・翌火曜休み)

平日  13:00〜22:00
土日祝 10:00〜19:00

ボルダリングとは

 ボルダリングの語源”Boulder(ボルダ―)”とは、「巨岩、石ころ」といった意味で、これに”ing”をつけたのが”Bouldering(ボルダリング)”です。1~5mくらいの高さの岩を、ロープなどを一切使わず、自分の身体だけで登るもっともシンプルなフリークライミングがボルダリングです。今では、自然の岩だけでなく、カラフルなホールド(手や足をかける突起)のついた人工壁を登るボルダリングが一般的になっています。

 このボルダリングは、かつては大岩壁を登るリード(二人一組で行い、命綱としてロープを使うフリークライミング)のトレーニングとして行われていたそうです。それを独立したスポーツとしてとらえ、難しいボルダ―に挑戦する人が現れ、今日まで発展してきました。

 そして、2020年東京オリンピックの追加種目としてスポーツクライミングが正式に採用されました。オリンピックでは、ボルダリング、リード、スピードの3つを合わせた「複合」の男女2種目となることが決まっています。これからますます、クライミングが注目され、テレビなどで目にする機会も増えてくるでしょう。

ボルダリングの魅力

 ボルダリングは、クライミングの中でも自分の手と足だけを使って登るシンプルなスタイルなので、手軽に始めやすいスポーツです。

 ところが、やればやるほど奥深く、力だけでは登れません。だから、身体の軽い子どもや腕力の弱い女性がスイスイ登れても、筋肉自慢の男性には登れない、なんていうこともよくあります。

 壁につけられたカラフルなホールドは、形や大きさ、持ち方がすべて違います。課題によって、使ってよいホールドの組み合わせや体の動かし方がすべて違います。この「課題」には易しいものから難しいものまで多数設定されているため、同じ傾斜の壁でも難易度を変えて挑戦できます。易しい課題が登れたら、次は少し難しい課題を、さらに難しい課題へとステップアップしていけます。

 

お知らせ

2019年1月6日

当店の駐車場の駐車可能数は12台程度です。グループでご来店の際には乗り合わせてお越しいただけると助かります。

友だち追加数